ホーム > 若ハゲ > ぱったりと若ハゲの話しをしなくなりました

ぱったりと若ハゲの話しをしなくなりました

ぱったりと若ハゲの話しをしなくなった会社の同僚の話しです。

会社の同僚の親しい男性陣は、入社時から、なぜかほとんどの人が髪の毛が薄くなりかけてるといういわゆる若ハゲの人ばかりでした。

あまりまじまじと見るような事はしていなかったのですが、皆でしゃべっている時などに、お互いの髪の毛ネタをよく出していたので、そうなのかもしれない、とは思うようになりました。

「お前そろそろ危ないよな」「おれも生え際部分がけっこうやばい」など、よくハゲそうだということについて話していました。

そして、「今○○試してる」と、色々な育毛剤の話だったり「マッサージしてたらちょっといいかも」なんて意見交換も頻繁にしていました。

それでも、さほど薄くはない、と思っていたのですが、年数が経つにつれて、その方々は揃って、徐々に頭部が寂しくなり始め、私もその時になって初めて、本当に若ハゲだったんだと分かってきました。

まだ30歳そこそこだったのに、はっきり分かるくらいになってきました。

するとそのころから、ぱったりとお互いの髪の毛の話題には触れなくなり、もちろん情報交換もなくなりました。

それまで隠そうと意識していた髪型もなすがままになっています。

これは、なってしまったから食い止めようとしなくなったのか、食い止めなくなったから、進んでしまったのか、素人の自分には分かるはずもありません。

果たして彼らが育毛剤をしっかりと使い続けて見たのでしょうか。

生え際に効く育毛剤 若ハゲの原因と対策方法の記事